FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントフォーク、バラしていきまーす♪

は~い、劾騎でーす!!

この始まり方も、そろそろ変えないとな…。
(`-д-;)ゞ


さて、前回、トップキャップを緩めておいたGT250Rのフロントフォークを分解していきたいと思います♪


メーカーに聞いても、レッドバロンに聞いても、全く中身の様子が分からないという事なので…。

バラし方は分かりませんが、ぶっつけ本番って感じでやっていこうかなとw


では…!!

ちょっと今回は、写真が多めになってしまうかもしれません。


さて、先ずは、トップキャップを外してみましょう~♪
img_1836
クルクルっとねw


取れました!!
img_1837
ココの径さえ合えば、イニシャルアジャスターもぶち込めるんですけどねw


ハイ、アウターチューブを下げまーす♪
img_1838
ふむふむ、カラーとナットが出てきおったか…。


他車種のフロントフォークOH(オーバーホール)とかの情報を見ると、大体、このカラーと呼ばれる円形の筒がナットを隠していて…。

何よりも先に、このカラーを押し下げない事には、OHを始められないらしいのですが…。

GT250Rのフロントフォークは良心的なんですかね??www

ワッシャー的なのが噛ましてあって、最初からナット丸見え、ヤッホ~イ♪
ヽ(*>∇<)ノヤッホーイ♪


チョイと外しに掛かってみます!!
img_1840
ちなみに、ココ17mmですw


あ、トップキャップも17mmですよwww


はいはい、嵌めて~♪
img_1841
トップキャップにもレンチが嵌まってますよ~♪


で、力の限り、回そうと努力…!!!!!





うん、回らないですwww





ビクともしないので、先にフォークフルードを抜いちゃいます…。
img_1842
まだ、全部は出てこないと思いますが、とりあえず、抜ける分だけ…。


で、トップキャップを外すにはどうしたらいいか、色々と見ていたら…。


なんか、外れたwww
img_1843
コレはゴムだったのか…!!


オイルにまみれていたので、トップキャップと一体化していたように見えました。


とりあえず、外しておくw
img_1844
だって、外れるんだもんwww


う~ん、トップキャップは外れると思うのだが…。
img_1846
外れないのだろうか??


まさか、そんな事は無いだろう~、多分w


劾騎の疑念が強くなりつつあった、この時…!!





デジカメさん、お逝きになられました~!!!!!

マジかぁ~!!こんな時に…!!



まぁ、ちょっと落としまくってた時期もありましたからね、頑張った方だと思いますw





この後、1本目のフロントフォークで色々と失敗しながらも、なんとか分解に成功しました♪

写真が無いのですが…。
(-∀-`; )



仕方ないので、2本目からはスマホで♪

ブレまくって、ヤバかったですけれども…。


とりあえず、2本目から、またやっていきます♪


トップキャップ緩めたら、抜ける分だけ、フォークフルードは抜いてください。


そしたら…。

ハイ、アウター下げまーす♪
img_405545
なんか、色々と見えてきます~♪


で、先ず、トップキャップ外しです!!
img_440412
寝かせる~♪
(皆さんは寝かせる時に、何か下に敷いた方が良いですよw)


そして、ナットにスパナ嵌めまーすw
img_456410
17mmでーすwww


次は、トップキャップにレンチ嵌めまーすw
img_520729
コレも17mmでーすwww


ハイ、必殺…!!
img_547580
その辺のパイプとレンチを連結~!!


コレ、重要ですw力のモーメントですよ♪


で、フロントフォークとスパナを足で踏んで、踏むというか、少し乗せておく??感じですかねw
609724
浮いてこないように~♪


さぁ、一気にパイプを引っ張って、トップキャップ回しますよ~!!

ハイ、キュッと♪
(一気にイケない時は、何度かに分けて力を加えていってくださいw)


フロントフォークを起こしたら…。
img_739169
img_802637
黒いゴム取りまーす。ちなみに、このゴムはトップキャップ緩める前でも取れますんでw


あとは、クルクル回して~♪
img_835888
img_903890
ハイ、取れましたよ~!!

まったく、手間が掛かりますなぁ~。


これで、ナットも回ると思いきや、そうは問屋が卸さない…!!


カラーが、下からスプリングで押し上げられていて、それを、このナットとワッシャーで食い止めているワケなのです!!
img_945398
このカラーを押し下げない事には始まらんじゃないか…!!


ということで…。
img_1849
ジャッキとタイダウンベルトを用意!!


あとは針金w
img_047487
とりあえず、その辺にあったのを用意しましたwww


で、コレを適当な長さに切ります!!
img_204160
大体、こんなもんですかね~♪


そして、チョイと曲げつつ…。
img_330185
カラーの穴の部分に入れていきます。どんどん曲げながら入れていってください!!


最後に、カラーから左右同じ長さの針金が出たら、両端にタイダウンベルトのフックが入る大きさの輪を作ります。
img_734785
この時、針金の先っぽが外側を向くようにしてください。


じゃないと、アウターチューブが傷付いてしまいますので…。

劾騎が1本目のフロントフォーク分解時に、実証済みですwww←アホ


輪が出来上がったら、タイダウンベルトをジャッキの下に潜らせます。
img_841282
img_906699
でもって、フロントフォークをジャッキの持ち上げる部分にセット!!


そして、先ほど作った輪に、ベルトのフックを引っ掛けまして…。
img_953992
あとは、ジャッキでリフトアップしていくだけです♪


フロントフォークのOHの情報を探していると、カラーを下げる事が難しく…。

ホームセンター等でステーを買ってきて、SST(Special Service Tool)作成してらっしゃる方もいますが…。

劾騎の場合は、ちょうど2tジャッキも針金もタイダウンベルトもありましたので、出費無しで済みましたw


リフトアップしていくと…。


こんな感じで、ナットが留まっている棒が上がってきます。
img_444484
img_528688
クルクルっとナットも回り、ワッシャーも抜くだけですw


ジャッキでの、リフトアップのし過ぎにだけは注意してください!!

ナットが、ワッシャーから離れる程度で大丈夫だと思いますので…。


リフトアップし過ぎると、針金の輪が解けたりして危険な事もあるかと思います。


コレも、劾騎が実証済みですwww←アホ


あと、作業前には、ジャッキの近くに必要な工具類等は置いておいてください。

そこまで不安定というワケではありませんが、スプリングを意図的に縮めているワケですので、フロントフォークから離れると…。


どうなるかは、分かりますよね??


さて、ナットとワッシャーを外したら、ジャッキから降ろします。


このように、カラーだけが浮き上がっている形になります!!
img_639407
針金は、1回使い切りって感じで切っちゃいますw


輪を解くのも大変ですしね~。


そうしたら、カラーを抜いちゃいますw
img_572699
スーッと抜けますんで、スーッとwww


コレが、カラーと呼ばれるモノです♪
img_744152
ま、ただの筒ですけどねw


でも、意外と重要だったり…!?


カラーを抜いたら、いよいよスプリングを抜いていくワケですが…!!


まだ、フォークフルードが残っているはずなので、オイルパンの上に出してください。


こんな感じで~♪
img_811262
劾騎は、こぼしてますwww←アホ


意外とスプリングは長いので、大きめのオイルパンを用意した方が良いかもしれません。
img_846567
劾騎のは、小さいですwww←アホ


おぉ~♪コレがGT250Rの純正スプリングかぁ~!!
img_115356
初めて見ましたw


スプリングの入っていた向きは、上下、写真の通りですね。
img_133667
ヴァリアブルレートでした♪ダブルレートとも言うのかな??


自由長とか、内径・外径・線径、バネレートなんかは後々…。


今回、取り外したモノです!!
img_206619
外し終わってみると、意外と少なく、簡単でしたねw


中身を抜かれたフロントフォーク…。
img_539815
ホントは、インナーチューブとアウターチューブもバラして、細かい部品も交換予定だったのですが…。


オイルシールとダストシール以外の部品が、メーカーでも、レッドバロンでも、取り扱いが無く…。

レッドバロンに流用出来るモノが無いか調べてもらっても、分からないということでした…。


基本、フロントフォークはASSYでの注文しか出来なくて、メーカーもレッドバロンも、フォーク内部の詳細が分からず・・。

スライドブッシュ、ガイドブッシュ、ストッパリング等々、何が必要なのか、開けてみなければ分からないというので…。


今回、オイル滲みは無かったし、ダストシールもキレイだったし、一番の理由は時間が無いので、このまま交換無しで逝こうと思いますwww


あんまり走行距離は行ってないとは思うのですが、結構、フォークフルードは汚れてましたね~。

オークションで手に入れたので、詳細な走行距離が分からないのです~。


そして、抜いたオイルは廃油処理パックへ~♪
img_511266
便利じゃ~!!


ですが、フォーク内部には、もう少しフルードが残っているので…。


吊るして、少々放置しておきます♪
img_347603
エンジンクレーンも役立っておりますよ~!!


さてさて、その間に、スプリングやカラー等の洗浄をしてしまいましょう~!!
img_1831
WAKO'Sのブレーキ&パーツクリーナーです♪


ホントは、洗油で洗浄をした方が良いらしいのですが、その後の洗油の処理がイマイチ分からなかったので…。

即行、パーツクリーナーを使用する事にしましたw


ハイ、プシューッと♪
img_085213
スゴイ勢いで、フルードが落ちていきますね~♪


WAKO'Sのパーツクリーナーにも、速乾と中乾と普通がありまして、今回、劾騎が購入したのは普通のタイプです。

思っていたよりも、乾きが早いので、劾騎的には得した気分ですw


洗浄完了~!!
img_345706
フルードがキレイに落ちました!!


インナーとアウターの方は後日、キレイにしようと思います。



さてさて…。

スプリング等抜いたワケですが、このままフォークフルードの粘度変更でのセッティングだけでは、どうなのかな?と思いまして…。


色々と理由はあるのですが、スプリングの変更も視野に入れていますw


もう1本ずつ、フロントフォークはあるワケですし、試しにやってみようかと…!!


元々、GT250Rは街乗りメインでの味付けですからね~。

サーキットUSEでは、もう少し粘るフロントフォークが欲しいところです!!


250ccがサーキットで勝てるところなんて、突っ込みとかコーナリングくらいしかないですから…。
(素人レベルでの話ですよwww)
















という感じで、今日はここまで。

では、続きはまた次回!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劾騎(Gaiki)

Author:劾騎(Gaiki)
Hyosung GT250Rでバイクデビューを果たした主のブログです。

バイク・乗り物系を中心に色々と好きなことを軌跡として残していきたいと思います。

ちなみに宮城在住よろしくです♪

GT大好き~!!(持ってる)
R1超好き~!!(持ってない)

そして、ガ〇ダム好きです!!
心から!!

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今までの訪問者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。